これからはじめるプログラミングPythonの魅力と初心者が押さえるべき3ステップ

TOP
執筆者 suuku!
・大学3年生(21)
・初心者に向けプログラミング執筆

これからはじめるプログラミングPythonの魅力と初心者が押さえるべき3ステップ

こんな悩みを解決できる記事を用意しました!

ーーーーーーーーーーーー
・そもそもプログラミングって何?
・プログラミングの言語は何を選べばいいの
・プログラミングの何から手をつければいいの?
ーーーーーーーーーーーー

この記事で紹介する「これからはじめるプログラミングの魅力と3つのステップ」を参考にしていただければ、初心者の方でもプログラミングについて理解することができるでしょう!

なぜなら、実際に私もこの記事内容を活かしてプログラミングについて理解することができ、挑戦してみようと思ったからです。

記事前半では「プログラミングとその言語の説明」について、
後半では「初心者が押さえるべき学習ステップ」を解説するので、ぜひ参考にしてくださいね!

はじめに

「プログラミングって難しそう…」
「初めてだから何から始めたらいいかわからない…」

と思っている初心者の方も多いのではないでしょうか。

しかし、プログラミングは特に、次世代技術の発展やデジタル化の進展などにより今やビジネスやライフスタイルの一部になっています。

これからもプログラミングの需要は高まり、プログラミングスキルを身につけることで自分自身の可能性を広げることができます。
現代社会において、情報化が進み、デジタル技術がますます身近になる中で、プログラミングの需要は増加傾向にあります。

初心者でも、オンラインの無料コースや書籍などを利用して学ぶことができるため、ぜひ挑戦してみることをおすすめします。

そこで今回は、初心者にもわかりやすく、これからはじめるプログラミングの魅力と3つのステップについて解説します。

プログラミングって何?

まずはじめに、プログラミングとは何かを知っておきましょう。
簡単に言えば、コンピューターに「指示」を出すための言葉です。

コンピュータに対して特定の動作を行うように命令するための技術です。

具体的には、コンピューターが理解できる形式の「プログラム」を作成し、それを実行することで、自分が望む動作をコンピューターに行わせることができます。

プログラミングには、多様な言語が存在しますが、初心者におすすめなのは「Python」や「Ruby」といった言語です。

これらの言語は、比較的簡単に学習できるだけでなく、汎用性が高いため、さまざまな分野で使われています。

基礎的なプログラミング言語の種類と特徴

プログラミング言語とは、コンピュータが理解できる形式の指示を人間が作成するための言語です。

初めてプログラミングを学ぶ人にとって、どの言語を学ぶべきか迷ってしまうこともあるかもしれません。

現在、多数のプログラミング言語が存在しています。カテゴリーに分類するとこのようになります。

1. 機械語/アセンブリ言語
2. ローレベル言語 (C言語など)
3. オブジェクト指向言語 (Java, Pythonなど)
4. 関数型言語 (Lisp, Haskellなど)
5. スクリプト言語 (JavaScript, Ruby, Perlなど)
6. データベース言語 (SQLなど)
7. マークアップ言語 (HTML, CSSなど)

と、言われてもいまいちピンと来る方は多くないと思います
これから、初心者の方におすすめできる言語を紹介していきますので是非ご覧ください

また、近年では機械学習やデータサイエンス分野で利用されるPythonやR、Web開発分野で利用されるJavaScriptなど、特定の分野において特化した言語が登場する傾向にあります。

このようにプログラミング言語は数多く存在しますが、代表的な言語として「C言語」「Java」「Python」などが挙げられます。

それぞれの言語には特徴があり、目的や用途に応じて選択することが重要です。

まずはこれ!プログラミング言語3選

プログラミング言語:Python

Python(パイソン)は、シンプルで英語に近く、理解しやすいプログラミング言語です。
つまり、初心者にとっても扱いやすいとされている言語の1つです。

Pythonは、オブジェクト指向プログラミングと機能的プログラミングの要素を組み合わせており、多くの分野で使用されています。
例えば、Webアプリケーション開発、データサイエンス、人工知能、機械学習、統計処理などといったことに使用されています。

特徴は、シンプルな文法、読みやすいコード、豊富な標準ライブラリ、拡張性などです。
Pythonには、多くのフレームワークやライブラリがあり、それらを使うことで、より高度なアプリケーションの開発が可能になります。
また、オープンソースであり、無料で利用できることも大きいメリットでしょう。

Pythonのコミュニティは非常に活発で、新しいライブラリやツールが常に開発されています。
学習コストが比較的低く、初心者にとっても学びやすいプログラミング言語であり、GoogleやFacebookなどのトップIT企業でも開発言語として採用されています。

プログラミング言語:Java

Java(ジャバ)は、オブジェクト指向プログラミング言語の1つであり、1995年にサン・マイクロシステムズ(現Oracle)によって開発されました。

移植性が高く、多くのプラットフォームで動作するため、Webアプリケーション、デスクトップアプリケーション、モバイルアプリケーションなどの様々な場面で使用されています。

特徴は、文法がシンプルで、扱いやすいことです。
Javaは、開発者が膨大な量のコードを書くことができるように、豊富なライブラリが提供されています。また、プログラムの実行時にメモリを管理することで、安定したプログラムの実行を保証しています。

Javaは、Pythonと同じオープンソースであり、無料で利用することができます。
世界的にもシェア率が高く、新しいフレームワークやツールが常に開発されています。
Javaは、世界中で多くの企業や組織で使用され、高い需要があります。

Javaを学ぶことで、高い開発能力を身につけ、プログラミング分野でのキャリアを追求することができるでしょう。

プログラミング言語:JavaScript

JavaScript(ジャバスクリプト)は、Webページの動的なコンテンツを作成するために使用されるプログラミング言語です。

HTMLやCSSと一緒にWeb開発において重要な役割を果たしています。JavaScriptはクライアントサイドで実行され、ブラウザ上で直接動作します。
また、サーバーサイドでJavaScriptを実行することもできます。Node.jsを使用することで、サーバーサイドのJavaScript開発が可能になりました。

JavaScriptは、さまざまなライブラリやフレームワークが豊富に提供されており、開発者がより効率的にWebアプリケーションを構築することができます。最近では、React、Angular、Vueなどの人気の高いJavaScriptフレームワークがあり、シングルページアプリケーションの構築に広く利用されています。

特徴・目的・難易度を理解して言語を選ぼう

このように、各言語によってそれぞれ特徴があり、目的や用途が異なってきます。
難易度やあなたがプログラミングを学習したい目的があればそれにあった言語を選べると良いでしょう。

また、言語によって書き方が異なるため、一度覚えた言語に縛られずに、複数の言語を学ぶことで柔軟に対応できるようになります。

次の章では、これから私が取り扱うテーマである「Python」の言語の特徴や用途について詳しく解説していきますので、ぜひご覧ください!

プログラミングでPythonを選ぶ理由と特徴・用途5選

Python(パイソン)は、汎用性が高く扱いやすいプログラミング言語の1つであり、さまざまな用途に利用されています。
以下に、Pythonでできることを5選厳選して紹介します

・Webアプリケーションの開発

Webアプリケーションの開発Pythonを使用することで、Webアプリケーションの開発が比較的簡単に行えます。

・機械学習の実装

Pythonには、機械学習ライブラリであるScikit-learnやTensorFlowなどが存在します。これらを利用することで、機械学習に必要なアルゴリズムやツールを簡単に利用できます。

・データ解析

Pythonには、データ解析に必要なライブラリが多数存在しています。PandasやNumpyなどを利用することで、データの読み込みや解析、グラフ化が簡単にできます。

・ゲームの開発

Pythonを利用することで、簡単なゲームの開発が可能です。Pygameというライブラリを利用することで、2Dゲームの開発が簡単にできます。

・自動化プログラムの作成

Pythonを使用することで、繰り返し行う作業を自動化するプログラムを作成することができます。例えば、Excelファイルの読み込みやメール送信などを自動化することができます。

などなどPythonは汎用性が非常に高く、初心者にも扱いやすい言語であり、上記のように様々な用途に利用されています。

また、Pythonに関する情報や資料が豊富に存在しているため、学習に適しています。

プログラミング初心者が押さえるべき!3ステップ

プログラミングを学ぶことは、最初は難しく感じるかもしれません。

しかし、適切な学習方法を選び、ステップバイステップで進めることで、楽しくプログラムを作成することができます。

以下では、初心者がプログラミング学習を始めるための基本を3つのステップで解説します。

ステップ1:基礎的な概念を学ぶ

最初に行うべきことは、プログラミングにおける基礎的な概念を学ぶことです。
例えば、「変数」「条件分岐」「ループ」といった概念は、日常ではなかなか耳にする機会が少ないですよね?

これらは、プログラムを作成するために必要不可欠なものです。これらの概念を理解することで、プログラムを作成する上での基礎的なスキルを身につけることができます。

ステップ2:プログラミング言語を学ぶ

次に、プログラミング言語を学ぶことが重要です。
前章で述べたように、各言語には特徴や用途があります。

自分が作成したいプログラムに適した言語を選択し、学習を進めていくことが大切です。
また、プログラムを作成する上で必要な機能やライブラリを学ぶことも重要です。

ステップ3:実践的なプログラミングを行う

最後に、実践的なプログラミングを行うことで、スキルを向上させましょう。
例えば、自分が欲しい機能を持ったアプリケーションを作成する、Webサイトを作成するといったプロジェクトに取り組むことで、プログラミングの実力を向上させることができます。

以上が、初心者がプログラミング学習を始めるための3つのステップです。
一歩一歩進めていくことで、自分の好きなものを作成することができるようになります。

まとめ

プログラミングを始めるにあたって知っておくべき基礎知識を初心者にも分かりやすく解説しました。

プログラミングとは?基本的な概念から、プログラミング言語のおすすめな種類と特徴、初心者が押さえるべき3ステップまで幅広くご紹介してきました。

プログラミング言語の代表的なものまで幅広くカバーしています。

また、プログラミングの勉強方法やおすすめの学習サイトも紹介するので、これからプログラミングを始めようと考えている初心者の方は必見です!

 

執筆者 suuku!
・大学3年生(21)
・初心者に向けプログラミング執筆

私の記事では、プログラミングの基礎知識から学習方法、具体的な演習までを包括的に解説しています。

初心者がプログラミングに興味を持ち、学びを始める上での大まかな流れを知ることができるように配慮し、わかりやすい言葉で解説しています。

また、オススメのWebサイトや参考書の紹介など、学習を進める上での役立つ情報も提供しています。
最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました