何から?初心者におすすめプログラミング言語5厳選|将来性がある選び方をご紹介!

パソコン

今回は、このようなテーマで記事を書きました!!

何から?初心者におすすめプログラミング言語5厳選|将来性がある選び方をご紹介!

〜執筆者の自己紹介〜

執筆者 suuku!
・大学3年生(21)
・プログラミングの基礎を執筆

 

〜みなさんのお悩み〜
ーーーーーーーーーーーー
・何からプログラミング言語を学習すればいいの?
・初心者が適したプログラミング言語は?
・将来性が高いプログラミング言語はどれ?
ーーーーーーーーーーーー

こんな悩みを解決できる記事を用意しました!

この記事で紹介する「プログラミング初心者が学び始めるべきおすすめ言語」を理解していただければ、初心者でも最適なプログラミング言語で学習を始めることができます

なぜなら、実際にボクもこの方法で将来性を考慮したうえでプログラミング言語を選ぶことができたからです。

記事前半では「プログラミング言語の選び方」について、後半では「厳選したプログラミング言語」を解説していますので、ぜひ参考にしてくださいね!

それではさっそく見ていきましょう!

プログラミング言語とは

プログラムを作る際に、どのプログラミング言語を選ぶかは、そのプログラムがどのような目的・領域で使われるかに大きく分かれます。

そのため、プログラミング言語の特性を理解し、ニーズに合った選択を行うことが、効率的な開発に繋がります。

プログラミング言語は200種類以上存在し、それぞれ得意な領域が異なります。

「何からプログラミング言語を学習始めればいいの?」このような疑問を持たれている方も多いはずです。

Redmonkの2023年のプログラミング言語ランキングでは、Java, Python, JavaScriptが上位を占めており、これらの言語は広範な用途で活用されています。しかし、目的やプロジェクトの具体的な要件によっては、これら以外の言語を選択することが適切な場合も多いです。

このように、プログラミング言語の選択は、その言語がどのような領域で強みを持つか、そしてそれが自身のプロジェクトや目的に合致するかを理解した上で行うことが重要です。
各プログラミング言語の特性を理解し、最適な言語選びを行うことで、効率的で質の高い開発が可能となります。

日常で使われるプログラミング言語

私たちが日常的に使用しているもので見てみましょう。

InstagramやYouTubeでは、プログラミング言語としてPythonが採用されています。
これは、Pythonが豊富なライブラリを持ち、大量のデータをまとめて操作できるため、多くのユーザーデータを処理するこれらのWebサービスに適しているからです。

また、Twitterという人気のSNSはJavaというプログラミング言語を使用して作成されています。

さらに、私たちが普段ブラウザで閲覧するWebページを作成する際には、JavaScriptというプログラミング言語が欠かせません。

プログラミング言語の選び方・手順

プログラミング言語は、選択肢は多岐にわたり、それぞれに特徴と用途があることが理解していただけたと思います。

次のステップは、あなたの目的や興味に合わせてプログラミング言語を選択する手順を具体的に紹介していきます。

プログラミングを学ぶ目的がある言語か

プログラミング学習を始める際には、まず自分が何を目指しているのか、つまり「何のためにプログラミングを学ぶのか」を明確にすることが大切です。
その目的がはっきりしていれば、適した言語を選ぶことができますし、学習のモチベーションを維持する助けにもなります。また、学ぶべき言語が既に決まっている場合でも、その言語を学ぶ目的を理解することは重要です。

ただし、選び方を軽視すると、難易度が高い言語を選びがちになり、結果として学習に挫折してしまう可能性もあります。

自分の学習目的に合ったプログラミング言語を選び、学習スケジュールを立て、計画的に進めることが大切です。これがプログラミング学習の成功の秘訣と言えるでしょう。

初心者に最適な難易度の言語か

理由もなく選んだプログラミング言語の学習を始めてすぐに挫折してしまった経験はありませんか?

プログラミング言語の学習を始める際には、その言語の習得難易度を明確に理解することが重要です。特に初学者にとっては、難易度が高すぎると学習のハードルが上がり、挫折する可能性が高まります。

主に初心者が扱いやすい具体的な例としては、

・構文が英語に近くシンプルで読みやすい
・言語のコード作成してからすぐに実行することができる
・基礎文法の習得までの時間が短い

などといった例が挙げられます。

下記でプログラミング言語を選ぶ際に是非参考にしてみてください!

このように、初めての言語としては易しいものを選び、基本的なプログラミングのスキルや思考法を身につけた上で、難易度が高い言語に挑戦するという進め方もおすすめします。

将来的なトレンドはあるプログラミング言語か

プログラミング言語の選択において、その言語の将来性を見据えることも重要です。

技術進歩により、トレンドの移り変わりと共に需要が変動する現代社会において、求められるスキルは変化していくことでしょう。

最近では、AI(人工知能)分野が注目されていますね。AIがプログラミングのコードを書けるようになると言われていますが、AIの開発や運用には人間の手による修正や管理が必要とされます。このことから、プログラマーの需要は今後も続くと予想されます。

たとえば、AI開発で注目されるPythonは、その汎用性によりWebのバックエンド開発などでも広く活用されています。そのため、Pythonを習得することは将来性を見据えた学習であると言えそうです。

プログラミング言語の選択において、その言語が今後どの程度需要があるか、また、どのような分野で活用できるのかを考慮することが重要です。AI開発などを活用できるような、将来性の高い言語を選択することが、より多くのチャンスを掴む鍵となるでしょう。

就職・転職の求人が多く需要が高い言語か

ITエンジニアやプログラマーへの就職・転職を目的にプログラミングスキル習得を目指している方需要の高いプログラミング言語を選択することが重要です。

求人が多く、需要が高いプログラミング言語習得することで、より多くの就職・転職の機会を得られる可能性が高まります。

この需要のあるプログラミング言語は、JavaPythonPHPおよびJavaScriptです。

これらの言語は比較的求人数が多く、特にJavaは高い需要があるため、これらのスキルを習得すれば就職・転職に有利になるでしょう。

1番目に初心者が学ぶべきプログラミング言語2厳選

初めに、プログラミング初心者に1番最初に学ぶべきおすすめ言語をご紹介します。
初心者の方は、最初に取り組む際は、学びやすく、基本的なプログラミングの概念を理解しやすい言語から始めるのが最適です。

一番大切なことは、プログラミングの雰囲気があなたに合っているか、その魅力を感じてもらうことです!

 HTML・CSS:Webデザインの基本

HTMLとCSSは、他のプログラミング言語と比較して学びやすく、習得しやすい言語です。

その理由は、書いたコードをすぐにブラウザで確認でき、結果を目で見て理解することができるからです。さらに、フリーランスや副業としての需要も高く、将来的に見ても安定しています。

HTMLとCSSの関係性は、HTML(HyperText Markup Language)はWebページの見た目の構造を作り、CSS(Cascading Style Sheets)はデザインやスタイルを作ります。

これら2つを組み合わせて、Webページの基本的な見た目を作り出します。

これら2つの関係を具体例で表して見ましょう。
———————————–
あるWebサイトが新聞のようなレイアウトを持つとします。そのレイアウトの構造である見出しの位置や、記事の本文の指定、画像の挿入などはHTMLによって定義されます。一方、そのWebサイトの色合い、フォントのスタイル、各セクションの余白や幅などの視覚的な部分はCSSによって定義されます。
———————————–

Webページの構造と見た目を理解し、制御する能力を身につけることで、初心者はより高度なプログラミング言語へとステップアップする準備が整うのです。

次に紹介しますので是非ご覧ください!

JavaScript:Webの動きを作る

JavaScriptは、その高い汎用性、開発案件の需要、環境構築が不要で学習することができるプログラミング言語としての初心者の方でも学びやすいです。

HTMLとCSSで構造とスタイルを設定した後、JavaScriptを使用して Webサイトに動的な要素を追加できます。

具体的には、Stack Overflowの2022年開発者調査によると、JavaScriptは最も使用されているプログラミング言語であり、JavaScript関連の開発案件が非常に多いです。これはJavaScriptがブラウザでのみ動作する言語から、サーバーサイドの開発にも対応可能な言語へと進化した結果です。

また、書いたコードの結果をすぐにブラウザで見ることができます。このため、作成したプログラムがどのように動くかを即座にチェックできます。これは、プログラミングを始めたばかりの初心者にとって、学習を進めやすい大きな利点となります。

JavaScriptは、その多様な利用可能性と高い需要により、プログラミング初心者にとって学習しやすい言語であると言えます。HTMLとCSSとセットで学習を検討してみてください!

2番目に初心者が学ぶべきプログラミング言語2選

次に、プログラマーとしてのある程度の知識や実務経験を積むことができている状態であれば、他のプログラミング言語を学び始めることをおすすめします。これまで漠然としていたプログラミング学習の目的が、少しずつ具体的になってきたのではないでしょうか。

これから紹介するプログラミング言語で、あなたの目的、市場の需要、そして将来的を考慮に入れて、あなたに最適なプログラミング言語を見つけてください!

Python:AIやデータ解析

Pythonは、AIやWeb開発などの多様な分野で活躍する万能プログラミング言語であります。英語に似た文法でコードがシンプルなため、比較的読みやすく、初心者にとっては、嬉しいポイントです。

たとえば、Googleの三大言語の1つであるPythonは、GoogleやFacebookなどの大手企業などに活用されています。

2023年6月現在、特に AI技術の発展が凄まじく、AIが未来の産業を牽引すると考えられています。そのため、Webアプリ開発からAIや機械学習、データ分析まで、幅広い分野で活用される、Pythonの将来性は更に増すと予想されます。

その影響で、Pythonに対する求人の数は増加しています。Pythonのスキルを必要とする業務が急増しており、特にAIやデータ分析関連では欠かすことのできないスキルとなっています。

ただし、Pythonを最大限に活用するためには、プログラミング言語以外の知識や実務経験が求められます。たとえば、Webフレームワーク機械学習理論などのスキルです。さらに、Pythonに求められるスキルレベルは一般的に高く、初めてプログラミングを学ぶ人にとっては挑戦的なこともあります。

そのため、他のプログラミング言語で一定の経験を積んだ後に、2番目のプログラミング言語としてPythonの学習をおすすめします。

TypeScript:安全なWeb開発

TypeScriptはJavaScriptの上位互換で、大規模開発に適した強力なツールであり、今後のトレンドに乗ることが期待できます。

JavaScriptの機能を引き継ぎつつ、追加の機能を持ち、より高性能なスクリプト言語です。加えて、JavaScriptで書かれたコードをTypeScriptから呼び出したり、JavaScript向けのライブラリやフレームワークをTypeScriptで利用したりすることも可能です。

また、TypeScriptがJavaScriptの良さを活かしつつ、型システムを導入することでエラーを教えてくれます。これは、プロジェクトが大規模になるにつれてエンジニアにとって役立つ要素です。

以上から、TypeScriptはJavaScriptを学習済みで、すでに理解している方におすすめでキル言語です。スキルを拡張し、より需要を高めるための強力な言語であると言えます。

ただし、現在TypeScriptは、市場が小さく、日本語での解説・資料が少ないことや構造が複雑なところが懸念点であります。しかし、今後もその需要は増えていき、将来性が高いと予測されています。今が狙い目かもしれません!

副業・フリーランス案件の多いプログラミング言語

次に、初心者にとって就活や転職において有利なプログラミング言語をご紹介します。また、多くの人が副業やフリーランスを目的でプログラミングを学んでいることも多いでしょう。

プログラミング言語によっては、副業やフリーランスの案件が多く存在するものもあります。ここでは、そのような案件が多いプログラミング言語について紹介していきます。

PHP:サーバーサイド開発

PHPは、Webアプリケーションのバックエンド開発に広く利用されているプログラミング言語であり、文法が比較的シンプルであるため、プログラミング初心者の方でも理解しやすいという特性があり、Webサイト開発におけるニーズが高さから、将来的な可能性が十分考えられるプログラミング言語であると考えられます。

PHPには優秀なフレームワーク(便利ツール群)が豊富に存在するため、Webのバックエンド開発、つまりWebサイトの背後で行われる操作や作業は、数多くの需要があります。これは、Webサイト作成において、有益なツールであるため、将来性も高いと考えられます。文法も比較的シンプルで、初心者でも学習しやすい言語です。

具体的には、WordPressDrupalなどの人気のあるCMS (コンテンツ管理システム)はPHPで作られています。

このことからPHPは、Web開発においては非常に有用なツールであると言えます。さらに、初心者が学習するプログラミング言語では、比較的理解しやすく、学びやすい言語です。

しかし、より効率的に開発を進めるためには、フレームワークの知識も必要になります。結論としては、PHPはその使いやすさと強力なフレームワークの存在により、初心者に学習をおすすめできるプログラミング言語であると言えます。

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます!!

学びたいプログラミング言語を見つけることはできましたか?

プログラミング初心者が最初に学ぶべき言語として、HTML・CSS 、JavaScript、Python、PHP、そしてTypeScriptを強くおすすめしました。初心者に学びやすい、副業・フリーランスの需要が高い、将来性があるなどの観点から厳選して紹介しました。

以下に簡潔にそれぞれの言語を復習しましょう。

HTML・CSS
他のプログラミング言語と比較して、書いたコードをすぐにブラウザで確認できるため学びやすく、習得しやすい言語です。Webの構造とスタイルを作り出すための基本的な技術であります。

JavaScript
Webページのインタラクティブな部分を担当するプログラミング言語です。プログラミング言語で最も使われているものの一つで、HTML・CSSのスキル習得後にセットでの学習をおすすめします。

Python
AIやデータ解析など多岐にわたる分野で使われています。そのため、Pythonのスキルを持つことは将来的に大きなメリットとなります。また、Pythonの文法は比較的シンプルで初心者が理解しやすいという特徴もあります。

PHP
サーバーサイドの開発によく使われており、Webサイト開発におけるニーズが高さから、将来的な可能性が十分考えられるプログラミング言語であると考えられます。

TypeScript
JavaScriptに静的型付けとクラスベースのオブジェクト指向を追加したもので、JavaScriptを向上させることが可能です。Microsoftによって開発され、大規模なフロントエンド開発において非常に重要な存在になっています。

これまでの内容を踏まえあなたに合ったプログラミング言語に出会えることを願います!

ご覧いただきありがとうございました!

プログラミング初心者におすすめな学習方法

結論として、初心者の方におすすめするプログラミング学習方法は、「プログラミング学習サイト」です。
これから、その理由を詳しく解説していきます。

プログラミングの独学習は、挫折する可能性は高いです。
なので、まずはハードルを落としてコツコツと学習することをおすすめします。

皆さんのこのような悩みはありませんか?

・まずはお金をかけずにプログラミングを学びたい!
・自分のペースでプログラミングを触ってみたい!
・プログラミングが自分に合っているか確認したい!

これらを考慮してプログラミングの学習をできるのが、学習サイトなのです!

プログラミング学習サイトで学び始めよう!

プログラミング初心者にとって、プログラミング学習サイトを利用することは、一歩を踏み出すための最良の方法といえます。

プログラミングの学習サイトは、

・無料やお手頃な価格でプログラミング学習を始められる
・環境構築不要ですぐに始められる

など、初心者に嬉しい要素が詰まっています。

しかし、理解しておきたいデメリットもございます

「無料のプログラミング学習サイトのおすすめできる人・できない人」や「私が厳選したプログラミング学習サイト」について詳しく説明していますので、こちらからぜひ参考にしてみてください!!

”無料で学習できるプログラミング学習サイト6厳選”

執筆者の自己紹介

執筆者 suuku!
・大学3年生(21)
・プログラミングの基礎を執筆

私の記事では、プログラミングの基礎知識から学習方法、具体的な演習までを包括的に解説しています!

初心者がプログラミングに興味を持ち、学びを始める上での大まかな流れを知ることができるように配慮し、わかりやすい言葉で解説しています。

また、オススメのWebサイトや参考書の紹介など、学習を進める上での役立つ情報も紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました